Angle: Unexpected hotel rattle in Qatar, where the World Cup is heating up | Reuters

DOHA (Reuters) – Qatar is facing a massive oversupply of accommodation during the World Cup. Over the weekend, searches on the official portal found at least 42 hotels with vacancies, and Airbnb also showed hundreds of available listings. Qatar is facing a massive oversupply of accommodation during the World Cup football tournament on November 25. […]

Twitter struggles to retain heavy users = internal data | Reuters

Twitter is struggling to retain its most active users, which it calls “heavy tweeters.” Reuters confirmed the contents of the internal investigation documents. Photo of the Twitter logo. FILE PHOTO: The New York Stock Exchange in June 2022. REUTERS/Brendan McDermid (Reuters) – Twitter is struggling to retain its most active users, whom it calls “heavy […]

[Llygad y Farchnad]Stocks: Nikkei Stock Average / Daily Stock Beware of “Short Yin Line” and “Sharpening” Patterns | Reuters

[東京 17日 ロイター] – <15:50> 日経平均・日足は「短陰線」、「はらみ寄せ」のパターンで要警戒 日経平均・日足は、短い上ヒゲと長い下ヒゲを引く「短陰線」。終値は2万6775 円79銭で大引けた。期待された6日の戻り高値2万7399円19銭を奪回に向かうど ころか急反落し、戻り相場は仕切り直しの印象になっている。今回の足は実体部分がほと んどない実質的には「下十字」。しかも、完全に前日の「大陽線」にはらむ格好の「はら み寄せ」のパターン。これは売りサインの1つであるだけに警戒が必要だ。 さらに、絵づらは25日移動平均線(2万7121円96銭=17日)に上値を押さ えられる格好となり、重さを印象付けた状況。反発に向かうためには、今少し時間を要す ると思われる。 <15:05> 新興株はマザーズ小動き、手掛かり乏しい中で値幅取り 新興株式市場は、小動きだった。マザーズ総合は0.08%安の715.00ポイン トで大引け。東証グロース市場指数は0.06%安の909.26ポイント。「プライム 市場と同様に手掛かり材料が乏しい中で、値幅取りの動きが出ていた」(国内証券・トレ ーダー)という。 個別では、マイクロ波化学が商いを伴い上昇したほか、Retty がストップ高。そーせいグループが連日の年初来高値更新。半面、リックソフト がストップ安となり、キャンバス、QDレーザもさえない。 <14:00> 後場の日経平均は安値もみ合い、見送り 振れ幅は上下67円66銭 後場の日経平均は安値もみ合いで、2万6700円台で推移している。新たな手掛か り材料が見当たらず、先行きの見通しに対する不透明感も強いために見送りムードに支配 されている状況だ。後場に入ってから、午後2時までに日経平均の上下振れ幅は67円6 6銭と小動きとなっている。 時間外取引で米株先物が主要3指数とも堅調に推移しており株価の下支え要因として 注目されているが「戻りを加速させる要因とまではなっていない。新たな材料待ちだ」( 国内証券・ストラテジスト)という。 <11:50> 前場の日経平均は反落、米インフレを警戒 利益確定売り優勢に 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比387円76銭安の2万6703円0 0銭と、反落した。米インフレへの懸念がくすぶる中、前週末の米国市場で長期金利が上 昇して株安となったことを嫌気し、売りが先行した。 日経平均は前営業日比約300円安でスタートした後、一時440円安程度に下落し た。前週末に800円超の大幅高だったこともあり、利益確定売りが優勢となった。 米国のインフレ見通しが悪化する中、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げ が景気後退を誘発するとの懸念は根強い。米長期金利の上昇を受け、半導体関連やハイテ ク株、高PER(株価収益率)株で軟調な銘柄が目立った。TOPIXグロース指数の1 .5%安に対し、同バリュー指数は0.7%安で、グロース株の方が下げが大きかった。 売り一巡後は下げ渋った。時間外取引の米株先物が小高く推移し、投資家心理を支援 。百貨店株や空運、陸運といった経済再開(リオープン)関連株が堅調で、相場を下支え した。円安効果を含め、インバウンド(訪日外国人旅行)需要の回復への期待が継続した との見方が聞かれた。 市場では、海外市場の動向を待つムードもあるという。前週末の米市場でハイテク株 比率の高いナスダック総合が大きく下げた一方、ダウは直近安値を大きく下回ったわけで はないとして「本当に下値を試すのか確認したいムードとなっている」(ピクテ・ジャパ ンの糸島孝俊ストラテジスト)との声が聞かれた。 TOPIXは1.12%安の1876.93ポイントで午前の取引を終了。東証プラ イム市場の売買代金は1兆2533億4100万円だった。東証33業種では、値上がり は海運業や空運業、電気・ガス業など3業種で、値下がりは鉱業や医薬品、卸売業など3 0業種だった。 個別では、エムスリーが大幅安。ファーストリテイリング、ソフト バンクグループは軟調だった。東京エレクトロンは小安い。一方、三菱 UFJフィナンシャル・グループは大幅高。ANA HLDGは小高か った。 東証プライム市場の騰落数は、値上がりが342銘柄(18%)、値下がりは144 0銘柄(78%)、変わらずは53銘柄(2%)だった。 […]

[Llygad y Farchnad]Stocks: Nikkei Stock Average / Daily Stocks Approach Autonomous Rebound with “Daily Line” and “Sanku” | Reuters

[東京 26日 ロイター] – <15:50> 日経平均・日足は「大陰線」、「三空」で自律反発接近か 日経平均・日足は、ごく短い下ヒゲを伴う「丸坊主」に近い「大陰線」となった。終 値は2万6431円55銭。大きめのマドを空けて下値を模索したが、ローソク足も弱さ を感じさせている。ただ、9月13日の戻り高値(2万8659円78銭)から2200 円幅の急な下げを演じており、突っ込み警戒感が台頭している一方、今回のマド空けによ って「三空」となったことで、定石通りであれば自律反発が接近している可能性がある。 時価は、3月9日の年初来安値2万4681円74銭と、6月20日安値2万552 0円22銭を結んだ右肩上がりの下値支持線に位置し、チャートは正念場にある印象が強 い。3カ月のリズムを崩さず反転できるか否か、注目されそうだ。 <15:05> 新興株式市場は反落、マザーズ総合が700ポイント割れに 新興株式市場は反落。マザーズ総合が2.60%安の693.50ポイントと、70 0ポイントを割り込んだ。終値で割るのは7月20日以来。東証グロース市場指数は2. 61%安の882.10ポイントで大引けた。「地合いの悪化から利益確定売りを急ぐ動 きとなっている」(国内証券)という。 個別では、3連休前に新規上場したFPパートナーが利益確定売りに押され る展開となったほか、キャンバスが急反落、ANYCOLOR、M&A 総合研究所などもさえない。半面、プレイドがストップ高となった。 <14:10> 日経平均は下値模索の展開、米株先物の下げも重しに 日経平均は下値模索の展開となっている。2万6400円台での動き。きょうの安値 をジリジリと更新するような状態で、下げ渋る兆候はみられない。時間外取引で米株先物 が下げ、米国市場の反発が期待しにくいことも重しとなっている。 市場では「年初来安値を更新する銘柄が目立つなど、半導体関連株の厳しい動きが全 体のムードを悪化させている。マーケットは世界景気についてハードランディングを懸念 し始めた格好だ」(国内証券)との声も聞かれた。 <13:09> 日経平均は日中安値更新、目先の業績悪化懸念が重し 後場に入り日経平均は軟調な展開が続き、日中安値を更新している。前営業日比約6 50円安の2万6500円近辺で推移。前場に引き続き、値がさ株や半導体関連株が軟調 で、自動車株や機械関連株もさえない。市場では「世界景気が減速する中では、輸出関連 などグローバル企業の業績悪化は避けられないとの見方が広がり、重しとなっている」( 国内証券)との指摘が聞かれる。 また、米株の調整はまだ始まったばかりとの意見も聞かれ、米株の調整が続けば、「 日経平均は短期的に2万6000円を下回る可能性もある」(同)との見方が示された。 <11:45> 前場の日経平均は3日続落、景気後退懸念強まり全面安に 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比534円30銭安の2万6619円5 3銭と、3営業日続落した。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の織り込みが続く 中、前週末の米国株が大幅安となったことを嫌気し、日本株も軟調な展開が継続。主要国 の金融引き締めに伴う景気後退懸念が強まり、全面安商状となった。 前週末の米国株市場は主要3指数がそろって大幅下落となった。日経平均も寄り付き から大幅安でスタートし、その後も下げ幅を拡大。一時、630円超安の2万6515円 06銭まで下落し、7月14日以来の低水準となった。米長期金利の上昇が嫌気され、特 に値がさ株や半導体関連株の下げが目立った。 前場の前半では空運業や陸運業が小幅高となっていたものの、後半には下げに転じた 。 市場では、主要国の金融引き締めによる世界景気後退懸念が強まっているとの声が聞 かれる。アイザワ証券の市場情報部情報二課・横山泰史氏は、特に英国の大型減税がネガ ティブに意識されているとし、「金融引き締めによる景気後退が現実に起きるリスクが高 まっている」と指摘。景気のハードランディングの確度が高まり、「積極的に株を買える 状況ではない」という。 横山氏は今後の日経平均について、短期的には節目の2万6000円を割り込む展開 も見込まれるとした上で、「同水準を下回った際に押し目買いが入るか見極めたい」と話 した。 きょうの日本株市場では、全体的に売りが出る一方、旅行関連株はしっかりだった。 岸田文雄首相が水際対策の緩和を表明したことが好感され、市場では「センチメントで振 […]

Trump’s new SNS not nevertheless approved by Google Enjoy = Report | Reuters

[30日 ロイター] – Former US President Trump’s new SNS (trade web page) application “Fact Social” has not however been authorised for distribution on Alphabet’s Google Play app distribution provider, US information media mentioned. Axios claimed on the 30th, citing a Google spokesperson. Inadequate articles moderation. Reality Social has been distributed on Apple’s app distribution technique […]

Shanghai Corona app leaks private facts for 48.5 million people | Reuters

A hacker who promises to have received the particular details of 48.5 million consumers has appeared more than a new coronavirus countermeasure software operated by the metropolis of Shanghai in China. The photograph reveals a corona inspection web-site in Shanghai. Taken on July 19, 2022. (2022 REUTERS/Aly Music) [北京 12日 ロイター] – A hacker has […]